ビジネスアナリストのホリエモンも認めるバンタン(BTS)の世界戦略😎

投稿日:

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)は19日、自身のメルマガ『ホリエモンのブログで言えない話』で、韓国の人気グループ「BTS(防弾少年団)」が所属する芸能事務所「ビッグヒットエンターテインメント」(2005年設立)の株式上場について持論を展開した。

世界経済を鋭い目線で分析ホリエモン🌟

BTSは9月2日、シングル「Dynamite」が米ビルボードの総合シングルチャート「HOT100」で初めて1位を獲得するなど、世界的な人気を誇る7人組のK-POPグループ。そのBTSが所属する事務所・ビッグヒットエンターテインメント(Big Hit Entertainment)<352820>が韓国取引所に上場を果たしたのは15日だ。韓国メディアは上場当日、時価総額が一時11兆8800億ウォン(約1兆900億円)に達したと報じていた。

今回のビッグヒット上場に関して、堀江氏はメルマガの中で「世界戦略が功を奏した結果だ」と高く評価。
「世界マーケットを見越して巨額投資ができるように上場して経営体制を強化していこうという戦略が見える」と分析した。

さらに、「日本の芸能事務所でこんな構想を持っているところがあるだろうか? 周回遅れと言わざるを得ない」と、古い体質を温存する日本の芸能事務所に苦言を呈した。

米国ABCテレビGood Morning America番組出演🇺🇸

朝鮮日報が19日に報じたところによると、「ビッグヒット」の株価は上場後2営業日連続で値下がりし、16日は22.29%安で取引を終えている。株価は反落しているが、その本質的な意義まで失われているわけではない。一時的とはいえ、芸能事務所の株式が時価総額で1兆円を超えたという事実は瞠目に値する。