日本の富岳スーパーコンピューター9年ぶりに王座奪還🏆アメリカ/中国をぶちかましたぞ🤩

ずらりと並ぶ世界一位のスパコン富岳432台📺

やりました🌟スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキングが22日公表され、理化学研究所と富士通が開発した「富岳(ふがく)」が首位を獲得したぞ👀‼️世界一は日本としてなんと8年半ぶりで、高速コンピューター開発を主導する米国と中国の2強体制に風穴をぶち開けた💥😭デジタル社会が到来し、高速計算機の進化は新しい薬や素材の探索、人工知能(AI)の活用などに革新をもたらします😊今後は富岳で新たに手にした計算力を企業や大学が優れた成果につなげていけるかが問われますね❗

世界ランキングは専門家による国際会議で、毎年6月と11月に公表される。22日の最新版で富岳は1秒間に41.5京(京は1兆の1万倍⁉️)回の計算性能を示し、2位の米「サミット」(同14.8京回)に大差をつけて首位に立ちました💨3位も米国、4位と5位は中国のスパコンでした✨

今後 Japan as a NO.1の時代は甦るのか⁉️

スパコンは半導体の進化とともに性能を高めてきました📺富岳は、富士通が設計・開発した高性能のCPU(中央演算処理装置)を約15万個そろえました🖥️効率よく通信するネットワークで結んで最適に制御し、大量の計算を瞬時にできるようにしたそうです😉👍✨

各国が国を挙げてスパコンを開発するのは、現代社会に欠かせない研究インフラだからです👀新薬の開発は一般に、膨大な数の物質から病原体に効く候補を探す為です💊取り敢えず産業も経済も文化も停滞の日本には嬉しいニュースです😍

余談ですが、鬼滅の刃最終巻の表紙です⚔️

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください