【カナルビ /日本語訳】사람 (People)を見ながらAgust Dの世界観を知る🌃✨

防弾少年団 SUGAが、約4年ぶりに発表した2ndミックステープ「D-2」で、世界80ヶ国と地域でiTunes「トップアルバム」チャートのトップを総なめにした。上にあげたPEOPLE(世間体を皮肉った内容)など、本来の彼が持つパンクテイストな歌詞もヒットの要因だ。こちら日本語翻訳バージョンで世界観を感じてみよう。

SUGAのミックステープ「D-2」は23日(午前8時基準)、アメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、ポルトガル、スウェーデン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、日本、ペルーなど80ヶ国および地域のiTunes「トップアルバム」チャートで1位を記録した。

また、ミックステープのタイトル曲「Daechwita」は、世界50ヶ国および地域の「トップソング」チャートで1位を記録した。22日の公開直後から、世界中のファンの間で熱い反応を得ている。

SUGAは2016年8月、Agust Dという名前で初めてのミックステープ「Agust D」を公開した。当時、飾らない歌詞と洗練されたメロディーでSUGAの異なる面を見せながら注目を集めた。SUGAは今回のミックステープでも計10曲の収録曲の作詞、作曲に参加し、過去と現在を生きながら感じる感情を様々な曲に溶かした。

特にタイトル曲「Daechwita」は、韓国の伝統軍楽である「大吹打」をサンプリングした曲で、韓国の伝統楽器のサウンドに、強烈で重いSUGAのラップが加わって、より異色な雰囲気をアピールする。ミュージックビデオも、韓国伝統の美を生かした宮殿を背景に、勇壮な演出とSUGAの熱演が際立つ。歌はもちろん、ミュージックビデオも世界中のファンの間で熱い反応を得ている中、公開から8時間でYouTubeで再生回数1千万回を突破する記録を立てた。こちらアップした日本語翻訳バージョンで世界観を感じてみよう。

上にアップした曲「What do you think」とビルボードやグラミーを皮肉ったり、売れても媚びないパンクテイストSUGAとAgust Dのシナジー(相乗効果)を出している。

上にアップしたアメリカシンガーソングライターMAXとのコラボは、6番目のトラック「Burn It」で、グクに似た歌声で曲に風変わりな魅力を加えた。

最後は成功した自分への皮肉ったメッセージ、D2オープニング曲の「moon」です。こちらも歌詞がめちゃくちゃエッジがきいてるので見てね💖

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください