パンデミック倒産連鎖…これから始まる地獄のコロナ倒産😭⤵️⤵️

日本経済は戦後最大の危機に直面している👀‼️
20年4月7日夜の会見で安倍晋三首相は「日本経済は戦後最大の危機に直面している」と述べた。さらに政府は緊急事態宣言に合わせて「史上最大となる108兆円の緊急経済対策」を行うとしたが、新型コロナや緊急事態宣言が経済活動に与える影響は計り知れない。リーマンショックや東日本大震災時を超える、今後未曾有の事態に突入することになる🔥

日経ビジネスWebニュースより📚

経済に影響を与える「コロナショック」はどこまで拡大するのか❓帝国データバンクによると、新型コロナ関連倒産47件のうち、飲食関連が17件、観光関連が21件を占める。その他、上記に在るような関連企業で、体力のない企業が「これを機に」店じまい倒産するケースは景気のV字回復がない限り続くだろう。そうした企業を補助金で無理に延命するよりも、選択と集中により「救うべき企業」をふるいにかけることで、日本の生産構造を好転させる好機となる、との見方が賢明である。だが緊急事態宣言と休業要請、自粛要請がゴールデンウイーク明け以降まで続くとなれば、もともとの体力のあるなしだけでは測れない影響が出ることは間違いないだろう💦

20年3月31日に発表された20年2月期の有効求人倍率は約3年ぶりに1.45倍にまで落ち込み、雇用情勢判断からは13年5月以来、6年9カ月ぶりに「改善」の言葉がなくなった。増税の影響で陰りが見えてきていたアベノミクス神話も崩壊しつつある🌃

政府は中小・小規模事業者への給付金制度の創設や民間金融機関による無利子・無担保融資制度の導入を決め、さらには雇用の維持に向け、雇用調整助成金を20年6月末までの拡充、助成率の引き上げなどの緊急経済対策を決めた。季節は初夏を迎えつつあるが、日本経済は冷え込みを早期(年内)に脱することができるのか疑問である💔日経平均株価は一時2万円台を回復も、今の状況では中長期での安定とは言えない…しばらく企業にとっては体力勝負の待機期間となる❗

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください