妖精系から女優系へ成長したアーティストApink💎4月13日9作目カムバック🌹✨

1年3ヵ月ぶりカムバ曲Dumhdurum-Teaser

2011年デビューから9年を経て、「MAMAMOO」と並んでベテランナムグル(女性グループ)「Apink」💕何と1年3ヵ月ぶりにカムバックします✨デビュー当時は妖精の名称でしたが、今や作詞に作曲に演出と、そもそも女優デビューの美声ウンジ(ドラマ:応答せよ1997)の影響もあって、MVやバラエティーTVでも女優の様なオーラを放っています🌹そもそも6人ともに綺麗で個性的な雰囲気ですからね🌟

Apinkミニアルバム9作目のLOOK-Teaser

2019年発表の8枚目のミニアルバム『PERCENT』以来、約1年3ヶ月振りの作品となる本作のタイトル『LOOK』は、<自分>をテーマに、「私の姿そのままを愛し、私が見る通りに生きていく」という意味が込められている。一層深くなったApinkの卓越した魅力が感じられるアルバムとなっている。タイトル曲“Dumhdurum”は、“カケラもない”、“%%”で、Apinkと幻のケミ(人間関係における化学反応)を見せ、Apinkに大きな変化を与えたプロデューサー、Black Eyed Pilseungとチョングンのが手掛けた作品で、中毒性の高いメロディーとシンセサウンドが調和するダンスナンバー。離れた愛を前にしても私の心は淡々としているという意味を“Dumhdurum”という単語に込め表現している。中毒性の強いフックと東洋的なメロディーの感性で、新しいApinkの色を見せている。そのほか、愛を甘い味に例え表現したR&Bジャンルのダンス曲“Yummy”、過ぎ去った愛の痛みを忘れ、私らしく生きてくという意志を込めたチョロン、ウンジ、ナムジュのユニット曲“Be Myself”、恋に落ちた感情を可愛く表現したボミ、ナウン、ハヨンのユニット曲“Love is Blind”、9年の時間を作り上げたApinkと、ファンの瞬間を歌った9周年記念のファンソング“君の全ての瞬間を愛してる”、韓国デビュー8周年を記念し発表された“Everybody Ready?”など全7トラックを収録。

最後に僕のこれぞ「女優Apink」を印象付けた、最高傑作でお気に入りMVの 「Im So Sick:最低な気分」をお届けします👀💜ぜひぜひ見て下さいね😘

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください