僕の青春デュオ🌇赤頬思春期(좋다고 말해)BOL4がお別れしちゃったぁ…😭💧

赤頬思春期(韓国語では、볼빨간사춘기=BOLBBALGAN SACHUNGI、略称Bolbbalgan4又はBOL4)は、アン・ジヨン(Vo./生年月日:1995年9月14日)とウ・ジユン(Gt./生年月日:1996年1月6日)の高校時代から仲良しな2人の女性デュオ🎵「思春期の記憶・残像」をテーマに自分たちで作詞・作曲・演奏を行い、そのクオリティの高さから「音源女王」の異名を持つ天才🌟ジヨンの鼻にかかったような独特の歌声で生み出される耳心地の良い楽曲群は “唯一無二” の存在感を放ち、聴く者の心を癒し魅了してます💖去年2019年6月5日(水)には待望の日本デビューアルバムをリリースしました😘

この神曲↑↑볼빨간사춘기(好きと言った)は学生女子の恋愛心理を最も甘酸っぱく表現しているBOL4らしい代表作の1つ💓

この名曲↑↑Bom(나만, 봄/私の春)も学生恋愛のキュンキュン心理を歌とメロディとMVで可愛く表現されたBOL4の代表作の1つ💓

去年僕も渋谷のBOL4コンサートに参戦💖

ですが、先日仲良しデュオがお別れと言う悲しいニュースが入ってきました😭💧なんとギタリストで作曲家のジユンがサヨナラするようです😢⤵️以下がそのニュースになります…🍀

アン・ジヨンは2日、「赤頬思春期」の公式ファンカフェに「こんにちは、ジヨンです」と始まる直筆の手紙をアップした。

一方、「赤頬思春期」の所属事務所Shofar music側は2日、公式の報道資料を通じて「メンバーのウ・ジユンがとても悩んだ末に『赤頬思春期』としての活動を締めくくることに決定しました」とし、「『赤頬思春期』は新しいメンバーを加入させることなく、アン・ジヨンによる1人態勢で活動をする予定だ」と明らかにした。

続けて「ウ・ジユンが今後の進路に対する悩みで『赤頬思春期』としての活動を締めくくろうとする意思を表し、当社はメンバーたちと慎重に悩む時間を数回持った末に、このような結論を下すことになった」と説明し、「ジヨンとジユンは同じメンバーとしての活動は終了するが、今後もお互いの道を応援する同僚であり友人として残るだろう」と伝えた。

アン・ジヨンによる1人体制で変化した「赤頬思春期」は現在、5月中の発売予定のアルバム作業を進行中だ✨

以下、アン・ジヨンが心境を明かした手紙の全文✏️

👧こんにちは、ジヨンです。

まずこのように突然のニュースを伝えることになり、とても申し訳ないという言葉を伝えたいです。これまで私たち2人の「赤頬思春期」として多くの方々が愛してくださったのですが、長い間私たちを応援してくださったファンの皆さんが心を痛めていらっしゃると思い、今から心が重くすみません。

ジユンは今回の決定を下すまで、思ったより長い間悩みました。初めて話を聞いた時は戸惑いもあり、残念な気持ちもかなり大きかったですが、一方ではただでさえ考えの多い仲間がこのような決定を下すまで、本人もどれだけ多く悩み大変だっただろうかという気持ちになりました。しばらく深い会話もし、あれこれと話を聞いてみたら、ジユンが本人の意思も確固たるものでしたし、私もそのような気持ちを尊重してあげることにしました。

10年近く見守りながらウ・ジユンという仲間は「赤頬思春期」でどれ一つ最善を尽くさない部分がありませんでした。何でもできるエンターテイナーでしたから。これからは仲間として応援してあげる番だと思います。これから一緒にいる姿はお見せできないが、各自の場所でお互いを応援してあげて、ファンの皆さんに時々は私たちの便りをお伝えしたいです。

そして私は今から1人で「赤頬思春期」を続けていこうと思います。怖いことも心配になるのも事実です。しかしいつにも増してさらに責任感を持ち残りの私の役目を果たすべき時期に来ていると思います。アルバムごとに、コンサートごとによい歌をずっとお聞かせすると約束したじゃないですか。

迫るニューアルバムを準備しながら多くの感情の数々を盛り込んだと思います。どんな感情を感じたのか、どんな話が盛り込まれたのか、よく探ってください。いつもお話しするように、誰よりも素直で正直に「赤頬思春期」が持っている私に、とても大切な思春期の感情で引き続き、ファンの皆さんに恩返し差し上げます。

これまで4年間、私とジユンがともに過ごした時間を誰よりも一番輝かせてくれた私たちのLoBoly(ファンクラブ名、Lovely + Bol4)。惜しみなく愛してくれて、また応援してくださってありがとうございます。私もジユンの新しい出発を応援し、「赤頬思春期」のアン・ジヨンとしてもさらによい姿をお見せできるように努めます。

ありがとうございます。

「赤頬思春期」のアン・ジヨンより👧

もう2度この演奏シーンは見れません🍃🍃

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください