スクープ‼️新型コロナ💉ワクチンの臨床試験(人体試験)開始👀45人に投与(米国)🇺🇸

新型コロナウイルスに対するワクチンの臨床試験が始まった=3月16日、米ワシントン州シアトル/Ted S. Warren/AP

(CNN) 新型コロナウイルスのワクチン開発を進めている米国立保健研究所(NIH)の国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)は16日、臨床試験の第1段階に入ったと発表した。

第1段階ではワクチンの安全性を確認し、期待する免疫反応が得られるかどうかを試す。期間は6週間で、健康な成人計45人が対象。1カ月の間を置いて計2回、さまざまな量を投与する。

実用化までには多数の対象者に投与する試験も実施する必要があり、今後何カ月もかかる見通しだ。

ワクチンはNIAIDの研究者らが米バイオテクノロジー会社モデルナと共同で開発した。たんぱく質の遺伝情報を運ぶ「メッセンジャーRNA(mRNA)」を投与して体内に抗原を作り出し、免疫反応を起こさせる。

臨床試験はNIAIDの出資でワシントン州のカイザー・パーマネンテ医療研究所が実施している。

NIAIDは、これまでに同じくコロナウイルスを原因とするSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)の研究に取り組み、MERSでは実験段階のワクチンを扱ってきた経験を基に、画期的な速さで臨床試験を立ち上げることができたとしている。

CNN Nems America🇺🇸

先ほど別途、中国中央テレビによりアナウンスがあり、中国でも臨床試験を行うと発表がありました!軍事科学院軍事医学研究院の陳薇研究員のチームで、今月16日、中国当局から臨床試験実施の承認を得たということです🇨🇳

同研究チームは、遺伝子を人工的に組み換えた新型コロナウイルスのワクチンの開発を目指しているということで、インタビューの中で陳研究員は、「国際的なルールに従って、安全で効果的なワクチンを開発するための初期的な準備を行った。いつでも試験を始めることができる」と話しています🇨🇳

なお、中国政府は17日、新型コロナウイルスによる肺炎の治療を巡り、インフルエンザ薬「ファビピラビル」の有効性を臨床研究で確認したと発表した。同薬は富士フイルムホールディングスのグループ会社が開発した薬「アビガン」の一般名として知られる。すでに医療現場の治療に使うよう推奨し始めた。

科学技術省の張新民主任が記者会見で「安全性が高く、治療の効果は明らかだ」と述べた。ファビピラビルは富士フイルム富山化学(東京・中央)が2014年に開発し日本では今年2月から新型コロナの治療のために患者に投与されている。

中国製薬会社の浙江海正薬業(浙江省)が16年、ファビピラビルの特許ライセンス契約を富士フイルムと結んだ。海正薬業は今年2月、中国当局から生産認可を取得ずみで後発薬を増産できる。

今回の臨床試験は、湖北省武漢市と広東省深圳市の病院で合計200人の患者が対象。投与した患者の方がより短い日数で陽性から陰性になり、肺炎の症状が改善した割合も高かったという。

18日の東京市場で富士フイルム株は一時、前日比15%高の5238円と制限値幅の上限(ストップ高水準)まで上昇した。from NHK NEWS Japan.

世界各国で動きがあるなか、我が国日本でも安倍首相が熱を込めたコメントを発信🇯🇵 官邸周辺は「日本では現在、さまざまな新薬トライアルが進められている。国内外から貴重なデータも集まってきている。日中関係を背景にして、中国が推薦してきた漢方薬の投与も行われている。3月中旬の時点で治療薬については、効果が出ているアビガン薬以外で、日本製の『4つの薬』が期待されている。既存薬の応用と、開発中の新薬だ。今後弾かれたり、別の薬が飛び込んでくる可能性もある。日本はいいところまできている」と語った🇯🇵 from NIKKEI TECH.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください