BTSの弟分TXTがMステに出演の感想です

TXTの兄貴分BTSエコパ参戦にて撮影

BTSの弟分、TXTが2020年1月15日に日本デビュー(イルデ)シングル「MAGIC HOUR」をリリースしました(正式名TOMORROW X TOGETHER)。1月16日付オリコンデイリーシングルランキングでは1位を獲得し、現在累積でも2位の位置につけている。そもそも弱小事務所BIG HIT(通称ビッヒ)がHipHopグループBTS(通称バンタン)を育てて、今や世界中の注目を集める存在になった今、第2段の刺客として用意していたのが純白のアイドルグループTXTなのだ。

そしてなんと、1月24日(金)の21時には、テレビ朝日系列「MUSIC STATION」に生出演し「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away) [Japanese Ver.]」をTVで初パフォーマンスしました。それはそれでバンタンヲタの僕は、弟分が早々にイルデ、そしてMステ初登場した事に喜んでいます。

TOMORROW X TOGETHERは2019年3月にデビューして以来、2019 MGMA男性新人賞をはじめ、第34回ゴールデンディスクアワード新人賞など8冠の新人賞を総なめにし、ビッヒのアイドルグルとして圧倒的な存在感をみせています。ですが、ここでいちARMY(BTSファンの名称)として感想を語らせて下さい。

もともとMステには一昨年に、バンタンが初登場&生出演する予定でしたよね。でも、その時期からはるかさかのぼった2年前に、メンバージミンが着ていた韓国開国記念Tシャツの柄を理由に、一方的に出演キャンセルをした事が悔しい思い出として残っています。その後バンタンはビルボードやグラミー賞から引く手あまたになり、Mステには出る気配がなくなりました。日本の別チャンネルには出演してくれてます。だから多分Mステとしては今回のTXT出演によって、ビッヒとの関係改善に動いたのかなとも思えます。今後もMステとビッヒが良い関係で将来バンタンが出てくれる事を祈ってます!

さて肝心のTXT初Mステの感想ですが、皆10代で若いし、踊りや歌や表情作りも上手くて本当にキラキラアイドルしてました!ヒップホップあがりのバンタンとは違って、綺麗過ぎる位だなって思いました。今後すえながくペン(ファン)を獲得していくには、人間ぽさやプライベートな部分もペンと共有して支えてもらう部分も必要なので、ホント楽しみにしています。出来たら今年の4月、幕張のK-conジャパンに来てくれたら良いな♪♪

TXT日本公式サイト:https://txt-official.jp/

2件のコメント 追加

  1. Koseki Kano より:

    詳しいですね♪

    1. akipuu より:

      韓国に年2~3回行ってる位韓国文化好きだよね♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください